胡蝶蘭の通販を選ぶポイント

胡蝶蘭通販画像

胡蝶蘭を通販で購入しようと検索したら、たくさんの通販があって迷ったことありませんか。

 

「胡蝶蘭の通販はたくさんあるけど、どの店が良いのだろう??」

 

ある通販は産直で新鮮、ある通販は値段が安く、またある通販は受賞歴のあるブランド胡蝶蘭だったり。

 

胡蝶蘭を通販で買おうとしても、調べれば調べるほど悩んでしまいますね。

 

産直は安いけどギフトラッピングに対応している?
花屋より安い値段だけど、品質は大丈夫?
大切な方への贈り物として利用したいけど評判は?

 

産直は値段の安さが魅力ですが、安くても品質やサービスが良くないのは相手に失礼になるので、注文して後悔するのも嫌ですよね。

 

 

注文時に迷ったときの経験から、安心して利用できる通販を調べてみました。

 

選考基準

 

ギフト用のラッピング、立札メッセージ付き

用途とマナーに合わせた仕上がりで胡蝶蘭を贈れること

新鮮で高品質

花姿、花並びが良く、長持ちすること

低価格

一般価格よりも値段が1割以上安いこと

全国配送対応

日本全国に贈れること(※離島や一部地域を除く)

スピード配達

急いでいるときに当日、翌日に配達出来ること

支払い方法

銀行振込や郵便振替、カード決済、法人請求書払いに対応していること

 

胡蝶蘭の通販は、支払い方法や配送方法、納期など、それぞれ異なります。
品質や値段も重要ですが、PCやタブレット、スマホにも対応していることも大切ですね。
時間や場所を気にすること無く、いつでもどごででも購入できると便利です。
PC、モバイル対応で決済方法が豊富、注文してから届くのが早い、そんな利用する側にとって役に立つ胡蝶蘭の通販がおすすめです。

 

上記の条件をクリアした胡蝶蘭の通販を集め、利用者の評判が良い順に紹介します。

 

大手の有名花屋やブランドデパートでも取り扱っている優良生産地の胡蝶蘭を産直配送していますので、大切な方へのギフトや会社の取引先へ送る法人ギフトとしても安心して利用できます。

胡蝶蘭の通販【人気ランキング】

 

プレミアガーデンの特徴

年間の受注実績は数万件超!

【配送エリア】
東京23区、大阪市、福岡市(最短即日配送)、全国(翌日配送)

産直仕入れの最高級胡蝶蘭が業界最安値で注文可能。

種類とカラーは通販で最も多いラインナップ。

午前中までのカード決済によるネット注文は都内23区、大阪市内に当日配送OK!

全ての花に安心の品質保証付

注文毎に3%割引。

ラッピング、立て札無料。

初回のネット申し込みなら、総額の3%割引とすぐ使える500円割引あり!

価格 9,000〜70,000円
評価 評価5
備考 スピード配送に対応、東京23区、大阪市、福岡市は即日配送OK(※午前中のネット注文限定)、翌日全国発送OK
 

 

 

幸福の胡蝶蘭の特徴

【配送エリア】

全国(翌日配送)



高品質な胡蝶蘭が産直価格でお得に注文できます。

法人後払い。

届けた花の画像がメールで確認できます。

全国へ翌日配送に対応。

ラッピング、立て札無料。

本州、四国は無料配送

価格 6930〜円
評価 評価4.5
備考 本州・四国は送料無料。法人後払い対応。
 

 

 

HitoHanaの特徴

【配送エリア】

日本全国(翌日配送)、全エリア無料配送



世界らん展ブルーリボン賞(最高位)、農林水産大臣賞、金賞など数々の受賞歴を誇る名産地の胡蝶蘭。

「カード決済」「銀行振込(前払い)」「請求書払い(後払い)」に対応。

大手百貨店や有名生花店で販売中の最高品質の胡蝶蘭を新鮮&産直価格で贈れます。

札・メッセージ、ラッピングサービス、贈った蘭の画像メールを無料配信。

価格 10,000〜円
評価 評価4.5
備考 最短翌日の全国配送&送料完全無料
 

 

 

胡蝶蘭園.comの特徴

【配送エリア】

東京23区、大阪市、名古屋市、福岡市(即日配送)、全国(翌日配送)



業界最大サイズの大輪胡蝶蘭が産直価格でお得に注文可能です。

法人利用なら後払いに対応。
届けた花の画像をメールで確認できます。

綺麗なラッピングと立て札メッセージが無料でつけられます。

価格 9300〜円
評価 評価4
備考 東京23区、大阪市、名古屋市、福岡市は最短当日配達
 

 

胡蝶蘭の通販で評判の良い店とは?

評判の良い胡蝶蘭の通販の魅力は、その値段の安さにあります。
一般的な花屋で普通に注文すると2万円相当の胡蝶蘭が、ランキングのサービスを利用することで3割〜4割安い値段で手配できます。
配達地域は全国エリア、最短で注文日当日の配達も可能です。

 



 

品位が高く、ネームバリューもある喜ばれる贈答花として人気の胡蝶蘭。
ですが、取扱いの花屋によっては値段が高くて予算が合わない場合があります。

 

そのようなとき、産直販売のネット通販であれば、同等以上の蘭が値段もリーズナブルに手配できます。
花市場や花屋を通さな産直販売だからこそ可能な品質と値段です。

 

見た目が良く、高級感がある、値段も安くて種類が選べる。
法人向けにも安心の胡蝶蘭ギフトを取り扱っています。
金額によって胡蝶蘭ギフトの大きさが変わるのですが、最安値の花屋は1万円で手配できます。

 

贈って喜ばれる胡蝶蘭をお探しなら、是非ここで紹介している通販を利用してみてください。

胡蝶蘭の通販を上手に利用する方法

胡蝶蘭の通販を利用しても、法人向けにふさわしい祝花が手配できます。
本社や事務所の移転、店舗の開店祝いで贈り物で人気なのは、高級感があって長持ちする胡蝶蘭です。

 

個人・法人の別なく、お祝いの花として利用する方が多い人気のギフトです。

 

喜ばれる贈り方としては、相手の性別によって色を分けることも大切です。
男性には白い蘭、女性にはピンクや赤リップの蘭を選ぶようにしましょう。
ちょっとした色の違いですが、相手によって使い分けることも大切です。

 

希望の日時に贈る方法としては、基本的には早めに予約することが大切ですが、産直通販ならではのスピード配送も役に立ちます。
普通の花屋なら入荷と配送に時間がかかりますが、胡蝶蘭をネット販売している通販であれば最短で当日に届けることもできます。

 

時間がないときに花屋まで出向く必要も無く、急いで届けたいときに間に合わせてくれるのは助かりますね。
また、花と金額を画面上で簡単に比べながら手配できるのも通販ならではの魅力です。

 



 

胡蝶蘭の贈り物が喜ばれている理由

胡蝶蘭が多くの人に利用されている理由としては、手入れが簡単で長持ちすることです。

 

企業間の贈答では、縁起の良い花言葉がある祝花であることから、相手企業の繁栄を祈念するという意味合いも含まれています。

 

花姿が華やかで、心に残る記念の日となるように、送り主のお祝いの気持ちを乗せて届けてくれます。
そのような点が胡蝶蘭の魅力であり、人気の理由です。

 

胡蝶蘭の相場と札、マナーについて

胡蝶蘭の相場を確認するために問い合わせてみました。
最も多い無難な価格としては、個人なら1万円〜2万円程度、法人間での平均は2万円〜3万円程度になっているそうです。

 

尚、値段は贈答品を送る先方との関係によって変わって来るようなので一概に決めるのは難しいとのことですが、送る相手が大事な取引先には3万円の蘭が選ばれているとのことです。

 

顧客、家族、友人などに開店祝いを送るときの相場は?

祝花を贈るときに悩むのが、どのくらいの金額にするのかということではないでしょうか。
お祝いの相場は顧客や家族、友人などお付き合いによって変わってきます。

 

顧客への祝花

いつもお世話になっている顧客が、新たにお店を開店する場合の相場は、関係の深さによりますが1万円〜5万円といったところです。
重要な顧客の場合は3万円以上5万円程度、それほど取引がない顧客の場合は1万円以上2万円程度と、お付き合いの度合いによって金額を決めましょう。

 

家族や友人への祝花

家族がお店を開業する場合も、その関係や経済力によって異なりますが、自分の子どもに送る場合の相場は2万円〜5万円で、平均で3万円程度となります。
自分の親がお店を開く場合は、1万円〜5万円で、平均で2万円程度。兄弟姉妹に送る場合も同様に、1万円〜5万円程度となります。

 

親戚へ贈る場合も1万円〜5万円で、平均で2万円程度です。
知り合いの方に送る場合は5,000円〜1万円が目安です。
親しくおつきあいをしている友人の場合は、5,000円〜3万円、平均で1万円程度となります。

 

ただしこれらの相場はあくまでも目安です。
お祝いは目上には薄く、目下には厚く贈るのが礼儀ですが、家族や友人などお互いの関係性を見極めて、多すぎず、少なすぎない金額を決めましょう。

 

顧客、家族、友人などどのようなお付き合いをしているのかによって開店祝いの相場はかわりますが、心を込めてお祝いをすれば必ず気持ちは伝わります。
単なる儀礼としてではなく、おめでとうございますの気持ちを込めて開店祝いを贈りましょう。

 

立札メッセージについて

胡蝶蘭には、お祝いのメッセージを書いた札を付けることが贈答マナーになります。
札に記載する内容としては、用途に合わせた書き方になるようですが、不明なときは「祝」や「御祝」としておくのが無難になります。

 

配達日のマナーについて

できるだけ送れないのがマナーです。配達する日時(タイミング)については、前日か当日に届くようにすることが大切です。
数日前から予約をしておくことで配達日と時間帯の細かな指定ができますが、急に贈ることが決まった場合などは即日配送にも対応している通販ですので役立ちます。

胡蝶蘭を通販で購入して増やす方法

胡蝶蘭通販画像

胡蝶蘭を通販で注文し、届いた花を育てていると、花が終わってしまった後にもう一度花を咲かせるとか、同じ株を何年も活かせて継続して楽しむという方法もあります。

でも、それでは飽きたらずに、自分で増やしてみたいと思う人が結構いるようです。
もちろん、増やすということに挑戦することは可能です。

 

その方法にもいくつかあって素人でも出来そうなことやとても素人では出来ないだろうと思われる増やし方があるのです。
植物を増やすということで単純に思いつくのは種をまくという行為です。
普通の花なら種をまいて増やすということはそんなに難しい事でもありません。

 

胡蝶蘭の場合は種自体が小麦粉のような種で無菌状態で発芽させないといけないなどの条件があるので、素人ではほぼ無理だといえます。
もう一つの方法は株分けです。これは素人でもチャレンジ出来そうです。

 

胡蝶蘭を育てていると花茎から芽が出てくる高芽が出てくることがあります。これがある程度成長してきたところで株を分けるという行為を行うということになります。
これなら素人でも出来そうですが高芽はいつどこに生えてくるのか分かりません。

 

ある意味で運次第ということになるので予め予定をしておいて増やすというのは難しいということになります。
花屋さんなどで販売されている胡蝶蘭の多くはクローンだと言われています。
葉や花茎の先の部分をから細胞を抽出して培養するという方法です。
成長する勢いのある部分をクローンに利用するということになるのです。
当然ながら素人ができるというようなことではありません。

胡蝶蘭をより長く楽しむには?

胡蝶蘭の通販を利用すると、お花と一緒にお手入れ方法のしおりなどが付いてきます。
先方様とお話ができるように、贈った方も管理用法を知っておくと良いですね。
胡蝶蘭は適切な置き場所や水やりの頻度などがありますので、ちゃんと管理すれば花をより長持ちさせ、より長く楽しむことが出来ます。

 

管理のポイントは温度と湿度と光と水ということになります。
温度に関しては低温は嫌いますので暖かい場所に置くということがポイントです。
目安は18度から25度位が最適な温度だと言われています。

 

極端に低い温度や高い温度での保管は枯れの原因になりますので注意が必要です。
湿度は日本においては特に気にすることもないと言われます。ある程度年中湿度があるからです。
ただ、冬場の暖房時には乾燥しすぎる可能性もありますので適度に霧吹きなどを使用して水をかけてやるという気配りも必要です。

 

光に関しては直射日光は絶対にダメです。強すぎる日光もダメです。間接的に日光にあたるような場所に置くことが適切といえます。
レースのカーテン越しの光程度が理想だと言われています。

 

水はやり過ぎに注意です。
十日に一度程度で十分だと言われています。
根腐れを起こさないように十分配慮をしましょう。

 

肥料などは特に与える必要はありません。
そのままの状態で管理をしていきましょう。

 

胡蝶蘭もいずれは必ず花が咲き終わることになります。
その際には再び翌年にも花を楽しむためにも株の根元でカットしておくということが重要となります。
こうすることで株に生命力を持たせることが出来るのです。
上手く行けば花芽が出てきて翌年には再び花を咲かせてくれることになるでしょう。

 

胡蝶蘭の管理方法

キレイに花を咲かせている胡蝶蘭。どれだけの間、花をつけてくれているのかというのは、育て方や管理の仕方で全く変わってくるようです。
何も気にしないで放置しておくとあっという間に枯れてしまうこともありますし、上手に管理できれば3ヶ月も4ヶ月も持つこともあるのです。

 

胡蝶蘭を長持ちさせようと思うと基本的には全て環境で決まると言って良いでしょう。
まずは光です。どの季節であったとしても直射日光があたることは絶対にダメです。柔らかい光が間接的に少しあたる程度にしておくということがコツです。
レースのカーテンなどを上手に利用すると良いでしょう。

 

胡蝶蘭は寒いところでは育ちません。だからと言って暑すぎてもダメなのです。一番良いのは年間を通して安定した温度帯でいるということが一番良いと言われています。
その温度は18度程度から25度程度と言われています。夏場は寒すぎない程度にエアコンが効いている部屋に、冬場は暖房が効いている部屋に置くということが大切です。
ただし、直接風があたったりするのは悪影響を及ぼしますのでNGです。
乾燥し過ぎも悪いと言われていますので注意しましょう。

 

水やりも胡蝶蘭を持たせるには大切なチェックポイントとなります。
基本線として水の与え過ぎは絶対にダメです。季節に応じて与える量は考えないといけませんが冬場なら3週間に1回程度、春や秋は10日に1回程度、夏場は1週間に1回程度が目安として考えると良いでしょう。
水をあげるときは鉢からこぼれ出るくらいにたくさんあげるのがコツです。