オフィスの移転時には胡蝶蘭を贈るのがマナー

会社や事務所が移転する場合にそれがプラスの移転である場合は引越しのお祝いを贈るのがマナーとされていますが、個人で渡す場合と違ってビジネスが絡んでいることも多いのでビジネスマナーをしっかり守った上で準備をするようにしましょう。
会社や事務所など法人が引越しをする場合のお祝いのギフトとして最適と言われているのが胡蝶蘭ですが、花言葉からも縁起が良いとされていて移転先で飾る花としても立派なので喜ばれます。
花が大きなものを贈るのが一般的とされていますが、これについては特にこれではいけないというルールが決まっているわけではないので一概には言えない部分もあり、それよりも贈る時期などタイミングを考えることが大切だと言われています。
法人の引越しの場合はこれからビジネスがより広がっていくなどプラスの意味の場合もありますが、必ずしも引越しの理由がプラスの理由だとは限らないので引越しをすることになった背景などをきちんと知った上で胡蝶蘭のギフトを贈る必要があります。
胡蝶蘭にもいろいろなタイプがあるので贈る場合はセンスが問われることになりますが、立札やラッピング、メッセージカードなどプラスの要素となるものも取り入れて贈るようにすることが大切です。
また、他のものも合わせて贈ることが多いのですが、その際は貰う側の気持ちを考えるのと同時にマナーをしっかり守ることも大切で贈る物によってはマナーに抵触する可能性があります。